「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。

結婚式 服装と髪型へようこそ

wedding-clothes.jpg

人生の新たな門出を祝う結婚式に出席するに当たっては、服装にマナーがあります。よく招待状に「平服でお越しください」とありますが、これは「略礼装で」という意味です。

モーニング・燕尾服・紋付羽織袴(男性)、ロングアフタヌーンドレス(女性)ほどの正礼装ではないが、相応に改まった服装をして来てくださいという意味です。Tシャツにジーパンのような普段着で良いという意味ではありません。

男性は、スーツなどの洋装で出席するのが一般的です。ブラックスーツや、濃紺やチャコールグレーなど、基本的には無地のダークスーツといったところです。男性には紋付き羽織袴という、伝統的な和装の礼装がありますが、これは新郎または両家の父親か、媒酌人が着るのが普通です。

女性は、昼の結婚式ならロングドレスやワンピース、
光らない素材のセミアフタヌーンドレス、
夜の結婚式なら少し華やかな感じのカクテルドレスが良いでしょう。

女性は、白一色の服装はマナー違反です。
白は「花嫁の色」だからです。黒は喪服を連想させる色ですので、
黒のドレスなど着る場合は、光沢やラメ入りなど、素材が華やかなものを選びましょう。

女性はアクセサリーやスカーフ、靴やバッグなどの小物を使えば、
よりおしゃれなドレスアップができます。
アクセサリーは、昼の結婚式では光るものを避け、
布製のコサージュやパールなどでアクセントを付けます。

逆に夜の結婚式では、照明に輝くダイヤモンドなどの
宝石類といった華やかなものを使いましょう。
ただし昼夜を問わず、新婦より目立つようなアクセサリーはNGです。


【PR】結婚式の服装選びにおすすめ

最新コンテンツ

☆ 神社での結婚式は和装のみ? (結婚式場・場所) 
☆ ドレスのファッションは (結婚式 ドレス) 
☆ 昼間の結婚式 (結婚式場・場所) 
☆ お姫様スタイル (結婚式 ドレス) 
☆ 服装のタブー (男性・女性 服装) 

結婚式 服装と髪型コンテンツ

 
女性の服装、男性の服装のマナーや既婚女性にふさわしい服装などを紹介。また靴やブーツ、ファーなどおしゃれなアレンジ方法などもお伝えします。

 
ドレスのアレンジ方法や着付け、またレンタル(貸衣装)での注意点、子供のドレス、2次会のドレスなどを紹介。

 
結婚式での髪型、ボブやショートのアレンジ法や、友人の結婚式でのふさわしい髪型、お呼ばれでの髪型のマナーなどを紹介します。

 
季節により、結婚式の服装も様々に変化します。ここでは、季節や月によっての、ふさわしい結婚式の服装やドレス、小物などを紹介しています。

 
結婚式も現在は、様々な挙式スタイルがあります。神社、教会、また海外、特にハワイ、グアムで挙式を挙げる方も増えています。