「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム  > 男性・女性 服装


男性・女性 服装

女性の服装、男性の服装のマナーや既婚女性にふさわしい服装などを紹介。また靴やブーツ、ファーなどおしゃれなアレンジ方法などもお伝えします。

服装のタブー

結婚式の服装では、タブーとなることもいくつかあります。 特に女性は、華やかすぎる服装で花嫁よりも目立ってしまってはいけません。 また、白い衣装での参加は絶対にタブーです。 白は花嫁のための色です。 参加者が白無垢やウェディングドレスを邪魔してはいけません。 黒はおしゃれな感じはするものの、喪服を連想させてしまう色です。 黒を着る場合は光沢やラメの入った光る素材のものにしたり、 アクセサリーで工夫し...

結婚式に招かれた場合の女性の服装

結婚式に招かれた女性の服装は、洋装ならば、 昼間は清楚なドレッシーなワンピースやスーツや、アフタヌーンドレスです。 肌をあまり見せないように、派手過ぎにならないように気をつけましょう。 基本的には無地が正式なマナーですので、柄物はNGです。 また昼間は、光る素材の服やアクセサリーは控え目にします。 スーツは明らかに仕事着と分かるものは避け、 高級感のある素材や上品なデザインを選びましょう。 ベロア...

男性(メンズ)の服装

男性が結婚式に招待されたら、どんな服装で行けばよいでしょうか。 せっかくの結婚式ですから、二人を祝うためにも、 バッチリり決めて、格好良い姿を見せたいところです。 一方で、回りの人、特に新郎新婦の親族や 年配者に「非常識だ」と思われてしまうような格好は避けたいところです。 現在、男性のゲストの大半は、ブラックスーツで出席しています。 上着はシングル、ダブルいずれでもOKです。 白いシャツに、慶事用...

既婚女性にふさわしい服装

既婚女性にふさわしい結婚式の服装は、どのようなものでしょうか。 新郎新婦の親族の場合は、 和装なら黒の五つ紋付きの黒留め袖の正礼装、 洋装ならセミイブニングドレスやアフタヌーンドレスなどを着用します。 結婚式の場で親族は、新郎新婦の兄弟姉妹に順ずる存在となります。 相応に改まった服装をすることになりますが、 しかし親族とは言え、結婚式の主役は新郎新婦です。 自分は引き立て役、親族として二人の門出を...

20代にふさわしい服装

20代といえば、同じ世代の友達の結婚式に参加する機会が多くなるかと思います。 その一方で、20代はまだ会社では新人世代でありますし、 学生の方も多いことでしょう。 ですから、結婚式のような フォーマルな場所に出た経験もまだ少ないでしょうし、 そのような所に参加するための服装も、 充分には持ち合わせていないと思います。 結婚式の服装のマナーやタブーについても、迷われるかも知れません。 女性はセミアフ...

30代にふさわしい服装

30代も20代同様、同い年の友人などの結婚式に出る機会が多いかと思います。 一方で、自身は結婚して、その後に後輩などの結婚式に参加することもあるでしょう。 基本的には女性の洋装はドレスやワンピースになりますが、 30代でも後半になれば、20代の頃のような明るい色の服装や、 フリルを多用したドレスは着ていけないと考えられるかも知れません。 また、20代のうちなら「社会人としての経験が浅いから」という...

40代にふさわしい服装

40代となれば、職場の後輩や、身内なら甥・姪など、 いろんな人の結婚式に出ることが多くなると思われます。 この年代では、結婚式で祝福していることを表しながら、 落ち着きいた感じも出せる服装がお勧めです。 ですから、カクテルドレスやワンピースにしても、 臙脂色やシルバーなどシックな感じのする色の物を選ぶと良いでしょう。 形も、フリルがいっぱいの愛らしいデザインの物よりも、 シンプルながら、気品を漂わ...

50代にふさわしい服装

50歳代となれば、自分の息子・娘や、甥・姪、 その他、自分の子供と同じか それに近い世代の方の結婚式に参加することになるでしょう。 会社の部下の結婚式に出ることも多いかと思われます。 息子・娘の結婚式となれば、 父親はモーニングコートかタキシードか五つ紋付の羽織袴、 母親はアフタヌーンドレスかイブニングドレスか五つ紋付の黒留袖になります。 甥・姪など、自分の子以外の親族の場合は、 男性はブラックス...

女性のスーツ

最近では結婚式にスーツを着ていく女性が増えています。 その際、気をつけるべき点には、どんなことがあるでしょうか。 まず、明らかに通勤スタイル、仕事着と思われるスーツは避けることです。 結婚式は祝いの場ですから、その場にふさわしいデザインのスーツを選びましょう。 ベロア素材のスーツや、シルバーの糸を折り込んだスーツを選べば、 華やかな印象を与えられるのでお勧めです。 ところで、結婚式にパンツスーツは...

洋服の色について

白色は花嫁の色だから、招待客が白い洋服を着てはならないというのは、 よく知られた決まり事ですが、では、黒色は良いのでしょうか? 黒色の服と言えば喪服......というイメージは強いです。 しかし、黒色のドレスなどはおしゃれな感じがするのに加えて、 身体が締まって見えるから、 デザインがシンプルでも無難に着こなせるという声が多いです。 黒色の洋服を結婚式に着て行くならば、 光沢のある生地のものや、ビ...

友人の結婚式

招待されて友人の結婚式に出席すると行っても、 式場に来るのは同い年の仲間たちばかりではありません。 新郎新婦の家族や親類など、年配の方も多く参加します。 そういう場に新婦の友人たちが、けばけばしい派手な化粧に、 肌を大胆に露出した服装で現れたとしたら、 新郎の母親が「うちの嫁も、実はあの子たちみたいに派手なんだわ」と 考えてしまうかも知れません。 友人である花嫁のことを思うのなら、 花嫁の親族に悪...

親族男性の服装

親族の服装は、新郎新婦および媒酌人と同じ格式に揃えることが基本になります。 そのうえで、新郎新婦よりも若干、地味な感じの装いにするのが原則です。 【父親】 洋装の場合は、主流はモーニングコートですが、タキシードも有りです。 和装の場合は五つ紋付の羽織袴にします。 また、新郎がモーニングコートを着るならば、 ネクタイを地味にして新郎を引き立てるようにします。 【祖父】 父親と同様、洋装の場合はモーニ...

親族女性の服装

親族の場合の服装は、 新郎新婦および媒酌人と同じ格式に揃えることが基本になります。 そのうえで、新郎新婦よりも若干、地味な感じの装いにするのが原則です。 母親が洋装の場合はアフタヌーンドレスかイブニングドレス、 和装の場合は五つ紋付の黒留袖の正礼装にします。 世間では今もなお、和装を洋装より格上とみなす傾向にあります。 農村のような保守的な地域では、 新郎新婦の母親は必ず伝統的な和装をするべきとい...

兄弟の結婚式

新郎新婦の兄弟姉妹は、どんな服装で結婚式に参加すればいいのでしょうか。 新郎新婦に近い親族ということで、一般の参加者と比べて、 特別な装いをしなければならないのでは......と考えられるところでしょう。 兄弟姉妹の場合、服装は新郎新婦より、少し格を下げたものにします。 したがって準礼装ぐらいが適切ということになります。 身内だからと言って、新郎新婦と同格にするのは好ましくありません。 新郎新婦の...

同僚の結婚式

社会人となれば、会社の同僚や、 先輩・後輩の結婚式に招待されることが多くなるでしょう。 その席には、会社の上司も、新郎新婦の両親や親族も参加します。 失礼な印象を与えることのないよう、服装には気を配りましょう。 男性の場合は、昼はモーニング、夜はタキシードが正式な服装となりますが、 実際に礼服を着て参加するのは、 ほとんどが年配の方か、新郎新婦の親族の方になります。 会社の同僚として参加するなら、...

いとこの結婚式

いとこも親族の一員として、結婚式でお客様をお迎えする立場になります。 ですから、他者にだらしない印象を与えることのないよう、 きちんとした格好をする必要があります。 とは言え、一般の参加者に比べて、 特別に変わった装いをする必要もありません。 むしろ新郎新婦よりは格下だということを示すために、準礼装ぐらいが適切です。 兄弟ならばブラックスーツやディレクターズスーツを着用するのが一般的です。 姉妹の...

身内の結婚式

身内の結婚式となれば、結婚式もなおさら嬉しいことでしょう。 そうなると、服装選びにも気合いを入れなければ......と考えることと思います。 一方で、普段は電話や手紙や電子メールでのやりとりはしていても、 顔を合わせることはあまりない身内の結婚式となれば、 結婚式の場で自分のいい姿を見せたいと思うでしょう。 結婚式の時点で既婚者である人や、 年齢を重ねている人の場合は、留袖がふさわしくなります。 ...

2次会用の服装選び

二次会は一般的に、結婚式や披露宴よりも軽い感じになります。 仕事仲間や遊び友達など若い世代が中心の、 いろんな人が集まって楽しく過ごすパーティなので、 あまりかしこまった服装でなくても大丈夫と言えます。 しかしながら、いくらカジュアルでいいと言っても、 新郎新婦を祝う場なのですから、Tシャツやジーパンのような 普段着でいいという訳ではありません。 「普段より少しだけよそ行きの服装」を心がけると良い...

シャツ選びのマナー

シャツは、男性のスーツのインナーとして欠かせません。 結婚式に出席する時に着るシャツは、一般的には白色です。 ブラックスーツなら白いシャツを合わせるのが普通ですし、 ダークスーツでも、白いシャツならどんな色のスーツにでも合うからです。 結婚式場やホテルで、年配者も多く集まるような きちんとした挙式であれば、カジュアル過ぎる印象を与えないために、 黒いスーツに白いシャツ、慶事用の白かシルバーグレーの...

男性のスーツ選び

結婚式で着る男性のスーツは、準礼装と略礼装で異なります。 正礼装の場合は、昼はモーニングコート、 夜は燕尾服かタキシードになりますが、よほど格式の高い結婚式でない限りは、ゲストが正礼装をすることはないと思います。 準礼装のスーツは、昼間の結婚式の場合、ブラックスーツか、ディレクターズスーツになります。 ブラックスーツは、黒のシングルかダブルの上着に共布のズボンのスーツで、 シングルの場合はベストを...

コートの着こなし

冬場の結婚式では、式場まで着てきたコートはクロークに預けます。 式場内では誰にも見られないだろうからと言って、 いかにも安っぽい防寒着を結婚式に着てくるのも考えものです。 どんなにドレッシーなドレスやワンピースを着ていても、 式場までに羽織ってきた防寒着が、 ダウンジャケットやジャンパーのようなカジュアルなものでは、 式場のクローク付近でその場を見た人たちには、 「あの人は見えるところだけきれいに...

結婚式の靴選び

男性の結婚式の靴は、基本は紐靴の革靴です。 紐靴の中でも、足の甲に一文字に縫い合わせのある ストレートチップが、きちんとした場には最もふさわしいとされ、 プレーン・トゥがこれに続きます。 色は黒が基本ですが、 カジュアルなパーティ形式などの場合は茶色でも良いと思います。 しかし茶色の靴を履く場合は、 服装や小物はフォーマルな感じを出すようにしましょう。 すべてがカジュアル過ぎると、場違いな印象を与...

ブーツはマナー違反?!

結婚式にブーツはマナー違反と言われます。 なぜなら、ブーツは本来、防寒具として作られた履き物であり、 フォーマルな場にはふさわしくないとされているからです。 いわば雨の日の長靴と同様のものです。 とは言え、最近ではブーツ=防寒具とは思わせないような、 おしゃれなデザインのものが出回っています。 これなら結婚式のドレスやワンピースと 組み合わせても違和感がなさそう......と思うかも知れません。 ...

ストッキングの色は?

結婚式に着ていく服に合わせたストッキングとなれば、 やはりベージュ......と率直に考えられる方は多いと思います。 いくら何でも生足ではみっともないし、 ドレスやワンピースに靴下は合わないから、 肌と同じ色のストッキングを履くべき、という考え方になるのでしょう。 結婚式のような改まった場で、生足はNGです。 若者世代向けのカジュアルなパーティーなら、 素足で、サンダルのようなつま先が見える靴を履...

ファーはタブー?!

結婚式で、ファーはタブーとされています。 理由としては、殺生を想像させる、 水鳥の羽は抜け落ちるから縁起が悪いということが挙げられます。 しかしながら、最近ではファーでも構わないという意見が増えています。 実際、インターネットの検索エンジンで「結婚式 ファー」と入力すれば、 「構わない」「避けるべき」と両方の意見が出てきます。 「主役である新婦の衣装にファーが使用されているぐらいだから、 ゲストが...

靴下で足元のおしゃれを

結婚式の服装で、靴下は適当でいいか......と思うかも知れませんが、 「おしゃれはまず足元から」と言われるように、 足元にもやはり気を遣うべきです。 座った時には、他人の靴下はよく見えるものです。 立っている時でも、他人がふと足元に目を向けることがありますし、 動いた拍子に靴下が見えることもよくあります。 和式の結婚式ということで座敷で行われたり、 結婚式後の二次会が座敷や和室で行わたりする場合...

アクセサリーの選び方

着飾ったドレスやワンピースなどにアクセントを加え、 さらに引き立てるのがアクセサリーです。 新婦が目立たなくなるほど派手派手しいアクセサリーはマナー違反ですが、 節度を守って、華やかなおしゃれを楽しめばOKです。 昼の結婚式では、派手にならないようにするため、 光るものは付けないのがマナーです。 ダイヤモンドやゴールドは、小さいものにします。 パールが結婚式の定番アクセサリーと言われるのは、光らず...

メイク方法 チークのポイント

チークを含めた結婚式メイクの方法は、それぞれの人の顔の形や、 好みの化粧品、当日着ていく衣装によってさまざまなので、 一概に「これがベストのチークの入れ方だ」というようなことは言えません。 しかしながら、チークはただ頬の色味を足すだけでなく、 入れるポイントを押さえれば、クスミを消したり、 小顔に見せてくれたりするという長所があるのだとは言えます。 チークの色を選ぶ時の一番のポイントは、「口紅の色...

結婚式でのネクタイ(蝶ネクタイ)

結婚式のネクタイと言えば、白いネクタイが一般的になっています。 特に親族にあたる人の結婚式の場合は、 きちんとした格好であることを示すために、 必ず白の無地のネクタイをするようにしましょう。 最近では白いネクタイだけでなく、 シルバーグレーまたは白黒のストライプを 結婚式に付けていく人が増えています。 友人などの結婚式の場合は、そのようなネクタイでもOKです。 ディレクターズスーツに グレーやオフ...