「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  男性・女性 服装  > 30代にふさわしい服装

30代にふさわしい服装

wedding31.jpg30代も20代同様、同い年の友人などの結婚式に出る機会が多いかと思います。
一方で、自身は結婚して、その後に後輩などの結婚式に参加することもあるでしょう。

基本的には女性の洋装はドレスやワンピースになりますが、
30代でも後半になれば、20代の頃のような明るい色の服装や、
フリルを多用したドレスは着ていけないと考えられるかも知れません。

また、20代のうちなら「社会人としての経験が浅いから」ということで、
少々のマナー違反でも大目に見てもらえても、
30代となれば、結婚式の服装のタブーについては厳しい目で見られることも考えられます。


結婚式の服装で、ファーやブーツについては、
若い世代の中には「別に構わない」という風潮もあるようですが、
そういう世代ばかりが集まるパーティならともかく、
年輩世代も参加する結婚式・披露宴では、ファーやブーツは避ける方がいいでしょう。


30代前半のうちは、20代同様に、淡いブルーやピンクなど、
明るい色のドレスやワンピースで良いでしょう。

30代後半になり、20代の頃と同じような服装はしたくない......と考えるなら、
シックな感じのシルバーや臙脂色などがお勧めです。

形も、愛らしい感じよりは、エレガントな感じの服装を選ぶといいでしょう。
コサージュやパールなどを使うと、よりエレガントな感じを表せます。


和装の場合は、既婚者と未婚者で着る物が変わります。
既婚者なら留め袖、未婚者は振り袖になります。

和装は季節によって、色柄や、
組み合わせ方の作法についての決まりがありますので、その点は調べておきましょう。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen