「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  男性・女性 服装  > 男性のスーツ選び

男性のスーツ選び

wedding16.jpg結婚式で着る男性のスーツは、準礼装と略礼装で異なります。

正礼装の場合は、昼はモーニングコート、
夜は燕尾服かタキシードになりますが、よほど格式の高い結婚式でない限りは、ゲストが正礼装をすることはないと思います。

準礼装のスーツは、昼間の結婚式の場合、ブラックスーツか、ディレクターズスーツになります。

ブラックスーツは、黒のシングルかダブルの上着に共布のズボンのスーツで、
シングルの場合はベストを着用します。

ディレクターズスーツは、グレーか黒のストライプか、
白の千鳥格子のズボンを履き、ベスト着用します。

シャツは白色で、ネクタイは白色かシルバーグレイか白黒のストライプ、
靴は黒の紐付き(ストレートチップなど)です。
胸元には礼装用のポケットチーフを入れましょう。


夜の準礼装はタキシードです。上着と共布のズボンに、
側章が一本入ったものを着用します。

招待状に「平服で」と書かれている場合や、
二次会のみに参加したりする場合は、略礼装になります。

先述のようなブラックスーツも良いですが、
ダークスーツでもOKです。
ダークスーツは、濃紺やチャコールグレー、焦げ茶などの無地が基本です。

シャツは白色で、シルバーグレーか
白黒ストライプタイプのタイを付けます。

靴は基本は黒色で、シンプルなデザインものにします。

胸元には準礼装と同様に、ポケットチーフを入れるとおしゃれです。
カジュアルなパーティーなら、
シャツやネクタイを明るめの色のものにしても良いでしょう。

ただし、海外の結婚式に呼ばれた際は、
黒のスーツに白のネクタイは喪服になりますので、注意しましょう。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen