「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  男性・女性 服装  > シャツ選びのマナー

シャツ選びのマナー

wedding17.jpgシャツは、男性のスーツのインナーとして欠かせません。
結婚式に出席する時に着るシャツは、一般的には白色です。

ブラックスーツなら白いシャツを合わせるのが普通ですし、
ダークスーツでも、白いシャツならどんな色のスーツにでも合うからです。

結婚式場やホテルで、年配者も多く集まるような
きちんとした挙式であれば、カジュアル過ぎる印象を与えないために、
黒いスーツに白いシャツ、慶事用の白かシルバーグレーのネクタイといった、
フォーマルな格好をするのが最も良いと思います。

シャツの襟は、レギュラーカラーが一般的ですが、
ウィングカラーでおしゃれに見せるの良いでしょう。

一方、レストランなどで行われるカジュアルなスタイルの結婚式や、
結婚式後の二次会なら、あまりにも羽目を外さない程度に、
個性を出すのも良いでしょう。


自分が着ていきたいダークスーツに合う色や形のカラーシャツを選び、
コーディネートを楽しんでみましょう。
この時ならストライプのシャツを着ても構いません。

ただし黒色のシャツは、全体が重苦しい感じになってしまうので避けます。
また、いくらカジュアルなパーティと言っても、
極端に派手な色や柄のシャツでは常識を疑われます。
新郎新婦を祝う場としての品格は保つように心がけましょう。

二次会などならノーネクタイも有りでしょうが、
その時は襟元のデザインにまでこだわったシャツでドレッシーに装いましょう。

店先やネットなどで調べれば、いろんなカラーのシャツが見つかります。
ただし、いくら暑い季節でも、
胸元まで開いたシャツはだらしなく見えてしまうのでNGです。

品よく首元が開いた形のシャツを選ぶなど気を配りましょう。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen