「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  男性・女性 服装  > 同僚の結婚式

同僚の結婚式

wedding23.jpg社会人となれば、会社の同僚や、
先輩・後輩の結婚式に招待されることが多くなるでしょう。

その席には、会社の上司も、新郎新婦の両親や親族も参加します。
失礼な印象を与えることのないよう、服装には気を配りましょう。


男性の場合は、昼はモーニング、夜はタキシードが正式な服装となりますが、
実際に礼服を着て参加するのは、
ほとんどが年配の方か、新郎新婦の親族の方になります。

会社の同僚として参加するなら、ブラックスーツ
またはディレクターズスーツを着るのが一般的です。


スーツに白いワイシャツと、シルバーグレーか
それに準ずる色柄のネクタイを合わせ、
靴下は黒、靴は黒の紐靴というのが決まりです。

年を取るにつれて結婚式に呼ばれる機会は増えるので、
そのためのスーツを一着用意すると良いでしょう。


女性は男性に比べて、ドレス、ワンピース、
着物などと服装の種類が多くありますので、迷うところです。

とは言え、会社の同僚という立場で参加するのですから、
マナー違反の服装をしてしまっては、
「あの会社の人は常識がない」と思わせてしまいかねません。


花嫁の色である白い服装、肌の露出が激しい服装、
殺生を連想させるファーや毛皮やアニマル柄の服装は避けるというのが、
基本的なマナーです。

化粧も、あまりにもけばけばしくしてしまっては、悪い印象を与えてしまいます。


基本としては、洋装ではセミアフタヌーンドレスやカクテルドレス、
ワンピースとなります。

上記のマナーを守ったうえで、同僚を祝い、
結婚式を盛り上げるという気持ちをこめたおしゃれをすれば良いでしょう。


和装の場合は、既婚者は正装の留め袖、未婚女性は振袖にするのが決まりです。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen