「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  男性・女性 服装  > 親族女性の服装

親族女性の服装

wedding25.jpg親族の場合の服装は、
新郎新婦および媒酌人と同じ格式に揃えることが基本になります。

そのうえで、新郎新婦よりも若干、地味な感じの装いにするのが原則です。

母親が洋装の場合はアフタヌーンドレスかイブニングドレス、
和装の場合は五つ紋付の黒留袖の正礼装にします。


世間では今もなお、和装を洋装より格上とみなす傾向にあります。
農村のような保守的な地域では、
新郎新婦の母親は必ず伝統的な和装をするべきという考えもあります。


また、ホテルや専門の結婚式場なら和装の方が似合いそうだけど、
レストランやゲストハウスでの挙式なら、
母親も洋装をする方が良いのではないだろうかと思うこともあるでしょう。


そんな時、当日、双方の母親が顔を合わせた時、
一方の母親が和装で、もう一方の母親は洋装では、
ちぐはぐな印象を与えてしまいかねません。

事前に話し合って、服装をどうするのかを決めておきましょう。


祖母の場合、母親と同様に、洋装ならアフタヌーンドレスかイブニングドレス、
和装なら五つ紋付の黒留袖にします。

おばの場合、洋装ならアフタヌーンドレスかイブニングドレス、
和装なら黒留袖か色留袖にしますが、

母親の場合、祖母よりはやや控えめの服装が適切でしょう。


その他、大人の女性の親族の場合、
洋装ならアフタヌーンドレス、イブニングドレス、
またはドレッシーな感じのワンピースにします。

和装はおばの場合と同様、黒留袖か色留袖になります。
母親・祖母よりは控えめにしましょう。


おば及びその他の親族も、他のゲストから見れば「招待する側」になりますから、
一般のゲストの方々に対して失礼な印象を与えない服装を心がけましょう。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen