「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  男性・女性 服装  > 親族男性の服装

親族男性の服装

wedding26.jpg親族の服装は、新郎新婦および媒酌人と同じ格式に揃えることが基本になります。
そのうえで、新郎新婦よりも若干、地味な感じの装いにするのが原則です。

【父親】
洋装の場合は、主流はモーニングコートですが、タキシードも有りです。
和装の場合は五つ紋付の羽織袴にします。
また、新郎がモーニングコートを着るならば、
ネクタイを地味にして新郎を引き立てるようにします。


【祖父】
父親と同様、洋装の場合はモーニングかタキシード、
和装の場合は五つ紋付の羽織袴となります。


【おじ】
両親・祖父母よりもやや控えめにするために、
ブラックスーツぐらいの服装が適切でしょう。
黒のシングルかダブルの上着に、共布のズボンを着用します。
シングルの場合はベストを合わせます。


【その他、大人の男性の親族】
新郎新婦の両親・祖父母を立てるために、正礼装よりは控えめの服装が適切です。
おじと同様のブラックスーツなどが良いでしょう。


おじおよびその他の親族も、他のゲストから見れば「招待する側」になります。
ですから、一般のゲストの方々に対して
失礼な印象を与えない服装を心がけたいところです。

また、新郎新婦の親の服装で最も大事なのは、両家のバランスです。


集合写真を撮影する時や、お客様を会場に迎え、
またお見送りする時には、新郎新婦と両家の両親は横一列に並びます。

その時に、両家の両親の服装の格が異なっていると見苦しい印象を与えます。
話し合いもできないほど、両家の仲は良くないのでは......と
思わせてしまっては良くありません。


結婚式の前に、両家の父親、祖父同士で話し合い、
男性の服装はどうするかを話し合っておきたいものですね。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen