「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  男性・女性 服装  > 友人の結婚式

友人の結婚式

wedding27.jpg招待されて友人の結婚式に出席すると行っても、
式場に来るのは同い年の仲間たちばかりではありません。

新郎新婦の家族や親類など、年配の方も多く参加します。

そういう場に新婦の友人たちが、けばけばしい派手な化粧に、
肌を大胆に露出した服装で現れたとしたら、
新郎の母親が「うちの嫁も、実はあの子たちみたいに派手なんだわ」と
考えてしまうかも知れません。


友人である花嫁のことを思うのなら、
花嫁の親族に悪い印象を与えることのないように、
結婚式のマナーに従って服装を選ぶのが「友情」と言えるでしょう。


女性の結婚式の服装には、ドレス、ワンピース、着物などがありますが、
肌の露出が多い服装や、背中や胸元が大きく開いたドレスは、
はしたない感じを与えてしまうので避けます。

花嫁の色である白色の服装もNGです。


しかし友人として参加するのですから、
服装のマナーをガチガチに守ろうとするあまりに、
堅苦しい感じになってしまっては面白味がありません。

そういう意味では、無難に黒色のドレスやワンピースにするよりは、
自分に似合う好みの色の服装を選んで、おしゃれな感じを出す用が良いでしょう。

女性の和装は、友人として参加する場合は、
既婚者は正装の留め袖、未婚女性は振袖にします。


男性が友人の結婚式に出席する時は、
黒または紺のスーツに、白いワイシャツとシルバーグレーか
それに準ずる色柄のネクタイを合わせ、靴下と靴は黒色です。

モーニングやタキシードのような礼服は、
新郎新婦の親族、または年配者が着用することが多いので、
友人として参加するなら、スーツの方が一般的と言えるでしょう。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen