「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  男性・女性 服装  > 洋服の色について

洋服の色について

wedding28.jpg白色は花嫁の色だから、招待客が白い洋服を着てはならないというのは、
よく知られた決まり事ですが、では、黒色は良いのでしょうか?

黒色の服と言えば喪服......というイメージは強いです。

しかし、黒色のドレスなどはおしゃれな感じがするのに加えて、
身体が締まって見えるから、
デザインがシンプルでも無難に着こなせるという声が多いです。


黒色の洋服を結婚式に着て行くならば、
光沢のある生地のものや、ビーズやラメ、
ラインストーンやスパンコールなどがあしらわれているものにして、
華やかな感じにする良いでしょう。


明るい色やパステルカラーの洋服もお勧めです。

結婚式で男性の招待客は黒色の服が多いから、
女性はピンクやイエローのような色で......という考え方も、うなずけるところです。


ただし、淡いベージュなど、白に近いほど淡い色の服装は、
光線の加減によっては白色に見えてしまうこともあるので、
誤解されないためにも、避ける方が良いでしょう。

人との交流を求めたい人には、イエローやオレンジの洋服がお勧めです。
イエローはコミュニケーションを活発にする効果があり、
オレンジは周囲を楽しませるパワーを高める色ですので、
誰とでも話が弾みやすくなるでしょう。


花嫁に続いて私も......と願うのなら、ピンクの洋服が良いでしょう。
ピンクは女性らしさを高めて、周囲を優しい気分にさせる色です。


受付係や二次会の幹事やスピーチを頼まれた時は、
グリーンやブルーが良いでしょう。寒色系の落ち着いた感じのする色は、
人と協力して何かを行なう時や、
緊張せずに落ち着いて話をしたい時に良い色だからです。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen