「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  男性・女性 服装  > 既婚女性にふさわしい服装

既婚女性にふさわしい服装

wedding33.jpg既婚女性にふさわしい結婚式の服装は、どのようなものでしょうか。

新郎新婦の親族の場合は、
和装なら黒の五つ紋付きの黒留め袖の正礼装、
洋装ならセミイブニングドレスやアフタヌーンドレスなどを着用します。

結婚式の場で親族は、新郎新婦の兄弟姉妹に順ずる存在となります。


相応に改まった服装をすることになりますが、
しかし親族とは言え、結婚式の主役は新郎新婦です。

自分は引き立て役、親族として二人の門出を祝う立場にあるということで、
服装や髪型などは新婦よりも控えめにします。


服装も、和装・洋装どちらにせよ、落ち着いた上品な感じのものを選びましょう。


親族ではない招待客の場合は、和装なら黒留袖か色留袖にします。
色留袖は黒留袖と地色が違うだけで、柄の扱いや着こなしは同じです。

ただし、招待客の方が黒留め袖を着る場合は、
親族と区別するために、五つ紋は避けるべきでしょう。


色留め袖の場合は五つ紋を着ますが、
格式にこだわらないのであれば、三つ紋や一つ紋でも差し支えありません。

「平服で」と招待状などに書かれていた場合や、
友人の多い和やかなムードの披露宴に参加する場合は、
略礼装ということで、縮緬(ちりめん)や
紋綸子(もんりんず)の一つ紋付き色無地か、
落ち着いた気品のある訪問着にします。


洋装の場合は、既婚者はミセスらしい感じを出すために、
上品な感じのワンピースやアンサンブル、アフタヌーンドレスにします。

着丈は膝下からロングまで自由ですが、
ロングになるほどよりフォーマルな印象を与えられます。

新婦より派手にならないようにすること、
白色は避けることなどは、一般的な結婚式の服装マナーと同じです。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen