「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  男性・女性 服装  > 男性(メンズ)の服装

男性(メンズ)の服装

男性が結婚式に招待されたら、どんな服装で行けばよいでしょうか。

せっかくの結婚式ですから、二人を祝うためにも、
バッチリり決めて、格好良い姿を見せたいところです。

一方で、回りの人、特に新郎新婦の親族や
年配者に「非常識だ」と思われてしまうような格好は避けたいところです。


現在、男性のゲストの大半は、ブラックスーツで出席しています。
上着はシングル、ダブルいずれでもOKです。
白いシャツに、慶事用の白かシルバーグレーのネクタイを締めます。
靴は黒色です。


正礼装としては、昼はモーニングコートまたは
ディレクターズスーツ(ベスト着用)になります。

夜は燕尾服か、タキシード(シングル一つボタンが基本)を着用します。


燕尾服は、公式行事の晩餐会や花婿の衣装としても着用されていますが、
かなり格式の高い結婚式でなければ、ゲストはスーツで十分でしょう。

昼夜の略礼装として使われるのが、ダークスーツです。
濃紺やチャコールグレー、こげ茶などの無地が基本です。
招待状に「平服で」とあれば、ダークスーツが良いでしょう。


二次会などのパーティー場なら、明るめの色のネクタイを締めたり、
カラーシャツやデザイン性のあるシャツを合わせたりするのもOKです。

ポケットチーフなど小物を使って、
おしゃれな感じに決めるのも良いですね。


招待客は洋装が一般的で、和装は新郎、両家の父親、
媒酌人が着るのが普通ですが、男性が和装をする場合は、
正礼装は五つ紋付羽織袴になります。

羽織と羽織下の着物は黒の無地で、
白く家紋が染め抜いてあるものを着用します。

草履は畳表で、鼻緒の色は白となります。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen