「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  男性・女性 服装  > アクセサリーの選び方

アクセサリーの選び方

wedding09.jpg着飾ったドレスやワンピースなどにアクセントを加え、
さらに引き立てるのがアクセサリーです。

新婦が目立たなくなるほど派手派手しいアクセサリーはマナー違反ですが、
節度を守って、華やかなおしゃれを楽しめばOKです。

昼の結婚式では、派手にならないようにするため、
光るものは付けないのがマナーです。

ダイヤモンドやゴールドは、小さいものにします。
パールが結婚式の定番アクセサリーと言われるのは、光らず、
それでいて上品な感じを出せるからです。

重ねづけすれば、おしゃれな感じがアップしますね。
パールを一連で使う場合は、大粒のものを選ぶといいでしょう。


ただしブラックパールは縁起が悪いので、結婚式ではタブーです。

また、パールは酸に弱いので、真夏の結婚式で汗をかいた後は、
パールを乾いた布で拭いて手入れしてからしまいましょう。

他にはシルバー、ラインストーンなどが、
昼の結婚式のアクセサリーとしておすすめです。

コサージュは布製のものにします。
生花のコサージュは新郎新婦のみが付けられるものなので、
ゲストが付けるのはNGです。

一方、イブニングドレスやセミイブニングドレスを着ることが多い
夜の結婚式では、昼とは逆に、照明に輝く宝石類や大きめのゴールドなど、
華やかなアクセサリーを身に付けます。

シルバーやプラチナなども良いですね。

昼間、夜の結婚式両方に言えることですが、
アクセサリーを選ぶ時は、服装とのバランスも考えましょう。
特に黒色のドレスの場合は、全身黒一色になって喪服みたいにならないように、
黒以外のアクセサリーを選ぶことです。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen