「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  男性・女性 服装  > 靴下で足元のおしゃれを

靴下で足元のおしゃれを

wedding10.jpg結婚式の服装で、靴下は適当でいいか......と思うかも知れませんが、
「おしゃれはまず足元から」と言われるように、
足元にもやはり気を遣うべきです。

座った時には、他人の靴下はよく見えるものです。
立っている時でも、他人がふと足元に目を向けることがありますし、
動いた拍子に靴下が見えることもよくあります。

和式の結婚式ということで座敷で行われたり、
結婚式後の二次会が座敷や和室で行わたりする場合なら、
そこで靴を脱がなければならなくなります。

男性はブラックスーツに黒い靴となれば、黒い靴下を履くのがベストです。
二次会などで、ダークスーツや色つきのシャツを着て、
黒ではなく茶色の靴を履く場合でも、黒い靴下で構いません。


単色の靴下なのだから、白の靴下でも良いという訳ではありません。

中学生・高校生の男の子が結婚式に参加するのなら、
学生服やブレザー制服に白い靴下というのでもいいのでしょうが、
20歳を過ぎた男性が、ズボンの裾と黒い靴の間から白色の靴下を見せてしまうのは、
そこだけ目立ってしまって、みっともないものです。

靴下は厚すぎず、また薄すぎないものを選びます。
ゴワゴワで厚すぎるとカジュアルな感じになってしまい、スーツには会いません。

逆にあまりにスケスケで薄すぎる靴下を結婚式に履いていっては、
古びたよれよれの靴下か?と思われてしまいます。

普段から気をつけていることとは思いますが、
靴下は足にぴったりフィットしたものを使いましょう。

だぼだぼで靴下がずれ落ちてしまっては、だらしなく見えてしまいます。

丈は長めの靴下にします。丈の短い靴下で、
何かの拍子で足の地肌と毛が見えて、
汚らしく思われてしまうのは避けたいですよね。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen