「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  男性・女性 服装  > ファーはタブー?!

ファーはタブー?!

wedding11.jpg結婚式で、ファーはタブーとされています。
理由としては、殺生を想像させる、
水鳥の羽は抜け落ちるから縁起が悪いということが挙げられます。

しかしながら、最近ではファーでも構わないという意見が増えています。
実際、インターネットの検索エンジンで「結婚式 ファー」と入力すれば、
「構わない」「避けるべき」と両方の意見が出てきます。

「主役である新婦の衣装にファーが使用されているぐらいだから、
ゲストが着ても大丈夫だ」という声もあります。
だからなおさら、どうすればいいのか迷うところですね。


年配者世代では、やはりファーは避けるべきという意見が多いです。

自分は若い世人間だから、新しい考え方で行こうと思っても、
結婚式の場には新郎新婦の親族など、年配者世代の人が多く集まります。

結婚式および披露宴は、教会など宗教的な場や、
格式の高い会場で行われることが多いでしょう。

そういう人たちの中へファーを身に付けて行ったために、
「あの子は非常識だ」とみなされてしまっては、
後々の人間関係にまで悪い影響を与えてしまいかねません。

さまざまな年代や価値観の人が集まる結婚式へは、
やはりファーは避ける方が良いと思います。

最近ではフェイクファーと言って、
本物の毛皮を模して製造された人工毛皮もあります。

これなら殺生に当たらないから大丈夫だと思っても、
本物のファーと紛らわしい格好では、誤解の原因となってしまいます。
フェイクファーも避ける方が賢明です。

一方、若い世代が大半の二次会やパーティでは、
ファーをつけて行っても大丈夫でしょう。

同じ世代の人同士なら、現在の価値観で通用するかと思います。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen