「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  男性・女性 服装  > 結婚式でのネクタイ(蝶ネクタイ)

結婚式でのネクタイ(蝶ネクタイ)

wedding01.jpg結婚式のネクタイと言えば、白いネクタイが一般的になっています。
特に親族にあたる人の結婚式の場合は、
きちんとした格好であることを示すために、
必ず白の無地のネクタイをするようにしましょう。

最近では白いネクタイだけでなく、
シルバーグレーまたは白黒のストライプを
結婚式に付けていく人が増えています。

友人などの結婚式の場合は、そのようなネクタイでもOKです。

ディレクターズスーツに
グレーやオフホワイトのベストを合わせてみたり、
シルバーグレーのネクタイを結び下げにして、
変化をつけてみると良いでしょう。

二次会などで、略礼装のダークスーツが着られる場なら、
明るい色のネクタイを合わせてみるのもお勧めです。
ストライプやドット模様のような
柄入りのネクタイにするのも楽しいでしょう。


ただし黒色のネクタイは、不幸を連想させてしまうので不可です。
また結婚式のような改まった場で、
ノーネクタイはだらしない印象を与えるのでNGです。

「ちょっと変わったおしゃれをしてみよう」と思って、
蝶ネクタイをする場合もあるでしょう。

蝶ネクタイの場合はネクタイとは違い、黒色を使うのが一般的です。

黒または濃い色のスーツに、
黒く伸びたネクタイでは重苦しい感じがしますが、
襟元だけの黒色なら、むしろきれいなアクセントに見えるでしょう。

蝶ネクタイもネクタイと同様、平服で参加できる場なら、
ブルーなど明るい色のものを使っても良いでしょう。

また、蝶ネクタイを結ぶ時は、ウィングカラーのように、
蝶ネクタイに合うカラーのものを選びましょう。
普段使うレギュラーカラーのシャツに蝶ネクタイでは、
あまり見栄えが良くありません。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen