「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム  > 結婚式 ドレス


結婚式 ドレス

ドレスのアレンジ方法や着付け、またレンタル(貸衣装)での注意点、子供のドレス、2次会のドレスなどを紹介。

ドレスのファッションは

結婚式のドレスと言っても、種類はとても豊富です。 店先をのぞくだけでも、どれもが綺麗なドレスに見えることでしょう。 その中でも注目すべきは、 ドレスに何かワンポイントのアクセントをつけたドレスファッションです。 宝石や光沢のあるものや、リボンでアレンジすることが多いですが、 ワンポイントは何でも構いません。 自分の好みでよいのです。個性が求められますが、 新婦より目立ってはいけない、殺生を連想する...

お姫様スタイル

いくら友達の多い人でも、 結婚式にゲストとして呼ばれる機会は、そうあるものではない。 だから結婚式の日には、 お姫様のような美しいドレスを着て行きたいと思う人もいることでしょう。 しかしながら、言うまでもなく、新婦より目立ってしまう格好はタブーです。 でも結婚式なのだから、普段できないようなお姫様スタイルで、 新婦を祝いたい......とも考えることだと思います。 お姫様スタイルに見せたい時にお勧...

ゲストとしてお呼ばれ(招待)されたら

結婚式にゲストとしてお呼ばれされた時のドレスをどうするかは、 大いに悩むところですね。 おしゃれ、マナー、価格(購入かレンタルか)だけでなく、 結婚式当日のスケジュールや、気候も考慮しなければならないからです。 結婚式、披露宴が行われ、一時間後に二次会が開かれるとなれば、 その間に軽い格好に着替えることは難しいので、ドレスのまま参加することになります。 ですから、そのことも考えて、結婚式のドレスを...

ドレスを安く購入する方法

結婚式に招待された時、 どんな結婚式ドレスを着ていこうか、誰もが悩むことでしょう。 まして自分の知った人が多く集まるとなれば、 また同じドレスを着ていく訳にはいかないと考えるところだと思います。 結婚式の度にドレスをレンタルすれば、 毎回違う服装で参加できるでしょうが、 ここではいかにドレスを安く購入する方法について考えてみましょう。 気に入ったドレスなら、自分の手元に置いておきたいでしょうし、 ...

ドレスのマナー(NG)

結婚式の招待客が着るドレスの基本は礼装です。 ですから、ドレスを着るに当たっての ドレスのマナーや、NGとなる着方もあります。 ただし、結婚式が昼行われるのか、 それとも夜行われるのかによって、 どういうドレスを着ればいいのかは変わってきます。 結婚式がどの季節に、どんなスタイルで行われるのかによっても、 合うドレスは異なってきます。 通常、昼間の結婚式なら、清楚な服装で肌の露出は控えめにします。...

アレンジ方法・着付け

結婚式のドレスをアレンジしたら、 より自分らしいおしゃれを演出できると、誰もが思うところでしょう。 また、いくつも店を回ったけれど、 お気に入りのドレスが見つからないということもあり得ます。 そんな場合は、ドレスをアレンジして、 オリジナルのドレスに変えてみてはどうでしょうか。 レンタルの場合は披露宴会場またはレンタル店の係員に、 購入の場合はドレスを買った店舗、 またはドレスのアレンジを行う業者...

既婚者(ミセス)のドレス選び

結婚式には新郎新婦の会社の同僚や両親の友人など、 既婚者の方々も多く出席します。 しかしながら、その既婚者(ミセス)のドレスは、 独身の女性と比べると、どうしても地味になってしまいがちです。 実際、年配の女性が、若い女性のように赤や黄色などの派手な色や、 ピンクや淡いブルーなどのパステルカラーのドレスや、 かわいいフリルが特徴のドレスなどを着たら、年相応ではない、 幼すぎるという印象を与えてしまい...

子供のドレス選び

家族で結婚式に招待された場合、子供にはどんなドレスが似合うのでしょうか。 子供の場合は、お財布の中が苦しいと言うなら、 ドレスでなくても、おしゃれな感じのワンピースや ジャンパスカートなどで構いません。 学校の制服でも、フォーマルな服装として通用します。 子供の成長は早いので、せっかく購入したドレスが 一度しか使えないというのではもったいないものです。 レンタルでも相応のお金がかかります。 一方で...

貸衣装の注意点

結婚式に着ていくドレスは、貸衣装にすることもできます。 買うより安く済むのはメリットですが、 貸衣装にする際の注意点がいくつかあります。 貸衣装は専門店から借りますが、結婚式場に併設されてことも多くあります。 一般の貸衣装店よりも料金は高いですが、 当日に衣装を持ち歩かなくて良いという利点がありますし、 破損以外はサービスしてくれる所もあります。 ただし、ウエディング衣装のみ取り扱っていたり、 新...

結婚式でのドレス率

近年は、結婚式のドレス率が非常に高くなっています。 戦後の高度経済成長からバブル景気の時代を経て、 生活や服装のあらゆるものが洋式に変化するに従って、 結婚式ではほとんど花嫁がドレスを着用するようになりました。 結婚情報誌のトレンド調査によると、花嫁の96%がウェディングドレス、 71%がカラードレスを着用しているということです。 それに伴い、ゲストもドレスを着て結婚式に参加することが多くなりまし...

ドレスに似合う小物

ドレスに合う小物ですが、 まずバッグは、できるだけ小さい物が似合います。 ビジネス用や遊びに行くときに持っていくようなバックは、 結婚式には合いません。 バッグの色はどんなドレスの色にも合い、 使い回せるということで黒が人気ですが、 ドレスも黒の場合は黒一色になるのを避けるため、 違う色のバッグの方が良いです。 バッグは光沢のある物や、ビーズやスパンコールの付いた物を選んで、 おしゃれな感じを出し...

二次会でふさわしいドレスは

結婚式・披露宴が折り目正しくかしこまった中で行われるのに対し、 二次会はわりと気軽でカジュアルな感じで行われるので、 両者の雰囲気はかなり違います。 とは言え、披露宴では使えるが、二次会では使えないようなドレスはありません。 披露宴と二次会の両方に出席する場合には、披露宴のドレスのまま二次会に出られます。 中には披露宴と二次会でドレスを変える人もいるでしょうが、それもOKです。 披露宴修了から二次...

ドレスの種類

ドレスの種類には、さまざまな分け方があります。 まず裾の種類での分け方です。一番の人気はフレンチスリーブです。 フレンチスリーブのドレスは、身頃から続いた袖が付き、 袖付け線はありません。ノースリーブより若干、肩が出たものと言えます。 アメリカンスリーブは首から肩まで大きく開いており、 露出度が高いもので、肩幅のある女性に向いています。 パゴダスリーブは腕の部分が狭くて、袖口が開いています。 腕が...