「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  季節・月  > 11月の冬の服装

11月の冬の服装

wedding06.jpg11月は暦の上では晩秋になります。
紅葉のきれいな秋の季節ですが、体感的には冬の気配を感じるでしょう。

11月の結婚式では、冬の服装をしても不自然ではありません。

和装で結婚式に出席する場合は、着物や帯、
そして長襦袢も全て袷(あわせ)という冬向けの装いにします。
それでも、帯は秋らしい模様が良いですね。

女性で洋装の場合は、防寒対策をどうするか考えることになります。
屋内は暖房が効いていますが、屋外でのパーティが行われたり、
屋外を移動したりする時には、肩や背中の出るドレスでは寒く感じるでしょう。

とはいっても、コートを着たまま結婚式に出席するとマナー違反になりますので、
式の最中は厚手の羽織物で温かく装いましょう。


おしゃれのためだからと、無理に露出の大きいドレスを着るよりは、
肌の出ないワンピースを選ぶ方が賢明とも言えます。

服装の色は、ワインレッドやダークブラウン、オレンジ、
濃いベージュなどが、秋らしい感じが出てお勧めです。

自宅から結婚式場まで羽織ってきたコートやカーディガンはクロークに預けます。
ブーツを履いてきた場合も、式場に着けば
持参してきたパンプスなどに履き替えてブーツは預けます。

その一方で、日本では11月が一番の結婚シーズン、
つまり結婚式場が最も忙しい月です。
ですから、手荷物の紛失や間違いには注意しましょう。

また結婚式シーズンには、着ていくドレスやワンピースを準備しようと
洋服店や貸衣装店を訪ねたが、気に入った服装が直前になっても見つからなかった、
良いデザインの物はもう店頭になかったということも起こり得ます。

服装の準備は、余裕を持って行いましょう。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen