「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  季節・月  > 12月の結婚式服装

12月の結婚式服装

wedding03.jpg12月は年末に向けて忙しくなる時期です。
こんな時に結婚式に出席するのはちょっと......と
感じる人も少なくないでしょう。

一方で、日本の結婚式のピークは11月ですが、
繁忙期の11月に式場を押さえられなかったカップルが、
12月の第1週に結婚式を挙げることはよくあります。

他にもさまざまな事情で、12月に結婚式を挙げることもあり得ます。

12月の結婚式に着ていく服は、やはり冬物となります。
一番の注意点は、防寒対策です。

和装で結婚式に出席する場合は、
着物や帯、長襦袢も全て袷(あわせ)という、
完全な冬向けの格好になります。羽織ものも用意しておきましょう。


洋装の場合は、たいていの会場は暖房が効いているので、
ドレスにショールを組み合わせる格好でも、屋内では寒くないでしょう。

しかし、チャペルウェディングでライスシャワーをする時は、
出席者が外で新郎新婦の登場を待つことになります。

中にはゲストの迷惑を考えずに、
「12月上旬ならまだ秋っぽいから」と考えて、
この季節に屋外でガーデンウェディングを行うカップルもいますので、
事前に結婚式の形態は調べておきましょう。

ただ、こうした寒い場所にいなければならないことになっても、
式の最中にコートを着るのは失礼に当たります。

サテンのストールなど、充分に温かい羽織ものを最初から用意しておきましょう。

また、いくら寒いからと言っても、
ニット素材はカジュアルになり過ぎるのでNGです。
防寒具として人気のあるファーは殺生につながるという理由で、
結婚式ではマナー違反となるので気をつけましょう。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen