「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  季節・月  > 8月夏の服装

8月夏の服装

wedding55.jpg8月は1月と同様に、結婚式場は閑散期になります。
日本では盆と正月は、親戚が一同に会する習慣があります。
地域の夏祭りなども盛んに行われます。

そんな時期に結婚式をすれば、
両家の親戚がまた集まって二度手間になってしまうので、
敬遠されるのです。

その一方で、結婚式場は閑散期の1月、
8月は料金を安く設定したり、お得なプランを組んだりしています。
結婚式代を安くするために、あえて1月、8月結婚式を挙げるカップルもいます。

そんな8月の結婚式ですが、真夏ですので服装選びは大変です。

真夏の礼服姿は、男性にとっても女性にとっても暑くて大変なのですが、
最近の結婚式場はエアコンが充分に効いているので、
式場内ではむしろ寒いことも場合もあります。


過度の薄着は避け、羽織物は必ず用意しておきましょう。
女性は、露出の激しい服装は避けましょう。


ノースリーブ程度でしたら良いですが、胸や背中が開きすぎた服は、
キリスト教の結婚式ではタブーとなりますし、
年配者が見ると不快に感じることもあります。

足の地肌を露出する生足も、改まった場ではNGになりますので、
夏でもストッキングを履く必要があります。

ワンサイズ大きいストッキングを使えば、暑苦しさを軽減できるでしょう。


アクセサリーのパールは酸に弱いので、使用後は必ず布で汗を拭います。
夏に限っては、模造品のパールを使うという方法もあります。

夏のアクセサリーとしては、青系の色の宝石やシルバーのものが、
涼しい感じがして良いですね。

和装では、夏用の紗(うすぎぬ)や絽(ろ)など、
透ける生地の着物が基本になります。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen