「結婚式 服装と髪型」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  結婚式場・場所  > 教会での結婚式の場合

教会での結婚式の場合

wedding70.jpg結婚式場のチャペルよりも厳格な雰囲気のある教会での結婚式......
緊張感も覚えるでしょうし、
服装マナーも一般的な挙式とは異なるのだろうか?と思われるでしょう。

教会はキリスト教徒にとって神聖な場所です。

出席者は結婚の証人となりますので、
服装には気をつける必要があります。

教会での結婚式では、つつましい服装が求められます。

まず、教会では肌を露出してはいけません。
胸元や背中が開いたデザインも好ましくありません。

教会の結婚式では、肩や背中の露出がなく、
袖のあるドレスやワンピースを着用しましょう。


教会の結婚式では、キラキラ光る派手なアクセサリーも不可です。

夜に披露宴が行われる場合は、
昼間の教会での結婚式の間は外して、披露宴の際にアクセサリーを付けます。


また、教会の結婚式では手袋を持つと、よりフォーマルな印象となるのでお勧めです。

教会の結婚式には、「華やかに盛り上げる」よりは、
「神聖な雰囲気の中で新郎新婦を祝う」という気持ちで
服装を考えるのが良いかも知れません。

そういう意味では、派手な服装よりも、
やや地味な感じにする方が良いかと思います。

ドレスやワンピースの色や形も、落ち着いた感じのものが良いでしょう。


男性は、日本国内の教会での結婚式なら
ブラックスーツまたはディレクターズスーツで良いでしょう。

しかし、欧米の教会での結婚式では、ブラックスーツは喪服となるので、
気をつけなければなりません。

欧米の教会の結婚式に参加する時は、
昼ならディレクターズスーツ、夜ならタキシードにすれば問題ありません。


教会の結婚式は、厳かに行われるものです。
雰囲気を壊さないよう、きちんとした身なりで参加しましょう。




結婚式前にお肌のケアは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!バイオ基礎化粧品b.glen